ロゴ

苦手意識を持たせないための歯医者選び方法を紹介!

小児矯正治療なら神戸の歯科医院で受けよう

歯医者に慣れてもらうコツがある!

無痛治療の確立によって、子供や歯医者が苦手な人でも安心して口内治療が受けられます。しかし、無痛治療と謳っている歯医者なら全く心配がないというわけではないのです。特に、子供を歯医者に連れて行く際、歯科のことで確認すべきことが9つありますので、見てみましょう。

歯医者嫌いを防ぐ!通院前に行う前準備9項目

  • 親同伴OKか確認
  • キッズルームの有無確認
  • 保育士在籍確認
  • 予防治療有無確認
  • 無痛治療有無確認
  • 対応が十分か電話をしてみる
  • 予防治療を選択
  • 「はじめて」だと伝える
  • 治療以外の目的確立

子供でも安心できる環境が整っているかがカギ

無痛治療とはいえ、初めての歯科治療だと色々不安を抱えるものです。子供が安心して治療を受けさせたい場合、これらのポイントを踏まえた上で葛飾などで歯医者探しをすると良いでしょう。また、治療中は親が同伴して良いところだったら、年齢別の対処方法も知っておきましょう。

年齢別治療中の対処方法

3歳未満の場合

まだ、情緒が安定していない年頃のお子さんだと、治療中に動いてしまうことが考えられます。クリニックによっては、大事にならないために全身を拘束してから治療をするところも。不安がって泣いてしまわないよう、治療中はできるだけ声をかけてあげてください。

3歳以上5歳未満の場合

この年頃なら、言葉が理解できる頃合いです。歯医者さんに連れてきた理由を子供の理解力に合わせて教えてあげてください。親御さんが説明するのもありですが、担当の医師からも説明してもらうようお願いしてみると良いですよ。小児の治療経験が豊富な医師なら、子供の理解力に合わせた説明をしてくれます。

小学生の場合

小学生なら、コミュニケーション力も十分兼ね備えている頃合いです。治療に関して、歯医者さんと信頼関係が築けるのかが重要となります。大阪などで歯医者さんを探すなら、親御さんだけでなく子供自身も信頼できるところを選びましょう。

[PR]
江坂で歯科に通う
申し込みがしたいところを選ぼう

歯医者が苦手にならない!安心して無痛治療を受ける方法

院内

痛みを感じない治療方法

歯医者さんでは、痛みを感じさせにくい治療方法を行っているところが多くなっています。イメージ的に、麻酔を用いた治療を行いそうに見えますが、麻酔以外にも痛みを感じにくい治療方法が存在します。

必要以上に削らない医療機器

治療患部を、必要以上に削らないドリル型の医療機器を用いている歯医者が大阪などに存在します。ドリル部分に、歯よりも柔らかい素材「ポリマーレンジ」を用いているため、必要以上に歯を削る心配が少なめです。よって、歯を無駄に削ってしまわないのは勿論、感じる痛みも最小限に抑えられます。また、ドリル型の医療機器だけでなく、レーザーや専用の薬剤を用いた治療方法を実践する歯医者も存在します。それぞれの治療法に関する長所や短所を比較してから適切なものを選ぶと良いでしょう。

笑気麻酔でリラックス!

イメージ上、麻酔は注射針を用いて患部に注入すると思われがちです。しかし、笑気麻酔の場合は、呼吸器からの吸引なので針による刺激を感じません。一見、外科手術の全身麻酔と似ているように見えますが、笑気麻酔の場合だと意識はありますがぼんやりとした状態となります。この麻酔法は、歯医者嫌いは勿論ですが子供にも有効なので、苦手意識を持たせないために、笑気麻酔の利用を検討して見てはいかがでしょうか。

大阪で歯医者に通う

[PR]
藤沢でインプラント治療
先生が細かく説明してくれる!

前もって対策すれば歯医者嫌いにならない!

いかがでしたか?いきなり治療で歯医者を利用しても、子供は怖がるばかりです。苦手意識を持たせないために、予防歯科という痛みの少ない治療を体験させておくと良いです。将来的に、虫歯リスクを減らせますし、仮に虫歯になってしまっても苦手意識を持ちにくくなりますよ。

[PR]
京都で矯正歯科に通う
歯並びを整えよう

[PR]
インプラント治療を埼玉で依頼
簡単に手続きができちゃう

広告募集中